お役立ち!高速バスの比較6サイト

ホーム > 高速バスの豆知識 > 高速バスの料金は日時や座席によって変わる

高速バスの料金は日時や座席によって変わる

高速バスは、新幹線などに比べると料金が安いという魅力があるため、費用を節約したいと考える方などに人気があります。
しかし同じ高速バスでも、利用する日時や座席のタイプによって料金がかなり違ってくるため、あらかじめそのことを知っておくと便利でしょう。
まず利用する日にちに関しては、平日は安く、週末や祝日、祝前日は高くなる傾向があります。
実際の料金でいうと倍近く違うことがあり、さらにゴールデンウイークと平日を比較すると、ゴールデンウイークのほうが3倍近くも高くなることがあります。
週末や祝日はレジャーや観光などで利用者が増えるため、需要と供給のバランスによって差が出てしまうということです。
なので、より安く利用したい場合は、週末や祝日、祝前日を避けて利用するとよいと言えるでしょう。


次に座席のタイプに関しては、4列シートや3列シート、そして2列シートなどの種類があります。
4列シートは狭く、2列シートは広いという特徴があり、3列シートはその中間になると言えますが、料金に関しても、より広い2列シートのほうが高く、狭い4列シートは安くなります。
実際の料金の差は、4列シートと2列シートを比較すると2倍~3倍程度の違いがあるため、より安く利用したいという場合は、座席は狭くなってしまいますが4列シートを選ぶとよいでしょう。
また、3列シートに関しては、それぞれの座席が独立している場合と、2列プラス1列になっている場合があり、料金の差はあまりないため、どちらかを選べる場合は独立したタイプのほうを選んだほうがお得だと言えるでしょう。
さらに高速バスは座先指定ができるケースがほとんどですが、自由席がある場合はそちらのほうが安くなります。


高速バスには直行便と乗継便があり、当然のことながら直行便のほうが早く移動することができて便利です。
しかし、料金に関しては乗継便のほうが安くなるため、時間に余裕がある場合などは、乗継便を利用したほうがお得だと言えるでしょう。
実際の料金としては、直行便と乗継便では1000円以上違う場合があります。
そして高速バスには昼行便と夜行便ありますが、こちらも昼と夜で料金に違いがあります。
多くの場合、夜行便の方が安くなる傾向にあり、昼行便と比べると200円~2000円程度お得に利用することが出来るため、より安く利用したい場合は夜行便を利用するとよいでしょう。
ただし昼行便の便数が多いようなルートに関しては、昼行便のほうが夜行便よりも安くなる場合があるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

▲ ページトップへ