お役立ち!高速バスの比較6サイト

ホーム > 高速バスの豆知識 > 進化する高速バスの車内設備が興味をそそる

進化する高速バスの車内設備が興味をそそる

新幹線で行くことができるけれど、少し時間を掛けるのであれば高速バスという選択肢もあるとき、気になるのが双方のメリットとデメリットです。
新幹線の場合、なんといっても早く着きますし、最近は車両も新しくなってきていて、非常にゆったりと座れる座席間隔をとっています。
長時間座っているのが苦痛な人や、とにかく時間重視という場合にメリットが多いといえます。
デメリットは、高速バスと比較した場合、かなり料金が高くなることです。
新幹線との比較手段として選ばれる高速バスは、目的地に着くまでに時間がかかるという点がデメリットですが、これをメリットに変える方法がないわけではありません。
それが、夜間に走る高速バス、別名夜行バスとも呼ばれるタイプに乗車することです。
これによって、寝ている間に移動することができます。


さらに高速バスのメリットは、新幹線のところでも触れたように、同じ場所まで行き着くために必要な費用が安くつくことです。
時間を有効に使いたいのと併せ、移動にかかる費用も抑えることができるため、金銭的余裕が少ない学生さんに選ばれる傾向があります。
ただ、高速バスの車内設備もどんどん進化してきており、最初は観光バスでお馴染みの、二人掛けシートが二列ずつ並んだ四列シートのバスがほとんどだったのが、一人で利用するときに知らない人と隣り合わせになるのはいやという要望から、一つずつ独立したシートが三つ横並びになるシートのバスが作られました。
二人で並んで座りたいという需要もあるため、二人掛けシートと一人掛けシートの間に通路を設けたタイプもあり、お好みに応じて選べるようになっています。


女性と男性が混在して乗車することもあって、寝顔を見られたくないという人のために、仕切り用のカーテンも設置されています。
このカーテンを引けば、窓際はカーテンの中、真ん中の座席は窓際からの視線から遮断されます。
ただ、真ん中のシートの場合、トイレに立つ窓際の人からの視線が避けられませんので、どうしてもいやな場合は予約の際に窓際を取ることです。
寝ている間に携帯電話の充電ができるコンセントが作られていたり、車内の空気をきれいにするためにプラズマクラスターイオンを発生させる装置を取り付けるなど、より快適に乗車時間を過ごしてもらおうと各バス会社が工夫しています。
さまざまなバス会社が、独自のセールスポイントを持たせたバスを走らせていますので、比較することで高速バスを利用しようかなという気になりそうです。

▲ ページトップへ